スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夏至

2013/06/22 Sat 22:29


昨日は夏至。

これで、我が家に最も日が入るときがどうなるかわかりました。

我が家の南方向には家があり(真南ではない)、しかも予想より大きい家が建ったので初めはかなりがっかりしました。

土地を探す段階から、「日当たりがいいこと」は重要条件だったので、土地の間口や間取り、隣家はどう建つかを常に考えていました。

南方向に家があるので、もちろん四六時中日当たりがいいわけではありません。

冬至のあたりには、お昼頃に家の半分は日陰になります。
で、午後2時頃には一階は全て日陰に。

そして今の時期は、家の一部には午後4時近くまで日が当たっている。
でも、デッキ部分は一番暑そうな2時頃には日陰になる!

そしてまた、5時頃から夕日がデッキに当たるのです。

隣家ができたときはすごくがっかりしたけど、結果いい感じかもと思っています。

MAX暑い時間帯に、デッキが熱されれば、部屋にももっと熱風が入ってくるはず。
デッキにもいいことかも。

朝の爽やかな光り、午前中の光りの恩恵は十分に受けられる。植物たちにも。

冬場は、晴れる日がほとんどない。
だから、このくらいの日当たりでもいいと言えばいい。
隣家が迫って部屋が暗い訳じゃないから。

「日当たり、日当たり」とそんなに力入れてなくてもよかったんだなー、と今は思います。


私が住んでいるところは、一年の約半分が“冬”と言いたくなるところ。日がほとんど射さない冬。
でも、盆地だから夏の暑さも厳しい。

どちらかと言えば、冬快適にすごせることをちょっとだけ優位に考えた仕様の家にしました。

夏本番はこれからなので、まだわからないけど、たぶんクーラーの効きもいいはず。
クーラー好きじゃないから、極力使いませんが


この家に住むようになって、季節の移り変わりと共に変化する光りを前より意識するようになりました。
楽しいからかな。

階段に射し込む光りの変化、
隣家に反射して予想以上に明るくなる場所、
吹き抜けから届く影、
西日が嬉しいと思える期間、、、

日々刻々と変わっていくのが、おもしろい。

日向にも日陰にもよさがあるって思えてよかった。
一つ、家の愛着ポイントが増えました。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« 七夕 | HOME | 収穫☆ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。